コンポジットテスト

d

コンポジット、レンダリングのテストもかねて制作。
やはり一筋縄ではいかない様子。

1)マテリアルの部分ごとの使い分け
2)ライティング技術の習得
3)そもそものコンポジット技術
4)皮膚の質感を出すためのスカルプティング技術

まだまだ先は長い。