アルコールストーブのあたたかくてやさしい火

最近、アルコールランプを手に入れた。
トランギアの真鍮製のもの。
持った時に手にしっとりと馴染む感じに、思わずくうぅ〜っとなる。
さっそくアルコールをトポトポと注ぎ、マッチで火をつける。

 

ボワッと青白い炎が浮かび、チリチリと音をたてながら
少しずつ大きくなっていく炎を眺めていると自然と心が安らいでくる。
「ああそうか、これは手のひらサイズの焚き火なんだ」と
ゆらゆらと静かに揺れる炎を見て思う。

 

利便性も良くなく、風に弱くて、火力もガスバーナーほどは強くないと
どうしても悪いところばかりが目についてしまうが、それを補って余るほどの魅力が
このアルコールストーブにはある。

 

仕事用の机の脇に置いて、コーヒー一杯分のお湯を沸かしている時
ささやかな幸せを感じるのである。

 

trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25
trangia(トランギア)
売り上げランキング: 2,559