最強の手挽きコーヒーミル ポーレックス コーヒーミル

落ち着ける時間をどれだけ持っているかが、日々の豊かさに繋がる。
僕にとっての落ち着ける時間とは、コーヒー豆をミルで手挽きしているときだ。
仕事に忙殺されているときは、ただただカフェインを摂取するためだけに、
インスタントコーヒーや缶コーヒーで補ってしまうが、
できることなら丁寧に淹れたコーヒーを飲む時間くらい、日常の中にもっておきたいと思う。

電動、手動、カリタ、ハリオ、今まで様々なコーヒーミルを使ってきたが、
小さな不満を必ずどこかに感じ、自分をごまかしごまかし使用していた。
例えば豆を挽いた時の粒度、洗浄などのメンテナンスのしやすさ、
あるいはそのもの自体の造形、そして何より僕が一番気になっていたのは
挽いた後に静電気等が原因でカップ内にこべりついてしまう細かなコーヒ粉だった。

特に電動ミルは、ボタン一つで挽くことができるという1点以外にメリットが何一つ無かった。
(挽くことに手間は掛からないが、それ以外の面で非常に手間が掛かる)

そんなときに出会ったのが、ポーレックスの手挽きコーヒーミルだった。
刃を用いず、セラミックにすることで劣化等の心配もなく、また粒度も測ったかのように均一。
そして、完全に分解できるので洗浄の際も気を使わずにゴシゴシと洗うことができ、
なにより豆を挽いた際に粉が容器に張り付くことが無い!
いちいち張り付いた粉をハケで払い落とす、あの煩わしい作業をしなくても良いというだけで
こんなにもコーヒーを淹れることに対して積極的になるとは思っていなかった。

元々は登山やキャンプに持っていくという目的のもと購入したものだが、
むしろ日常使いでこそ、このミルの真価を発揮するのではないかと今では確信している。

“毎日使える道具”という言葉に相応しい、今となっては無くてはならないモノの一つである。

ポーレックス 手挽きコーヒーミル セラミック ミニ 日本製
ポーレックス (2016-02-05)
売り上げランキング: 2,309